無料ブログはココログ

« ばら園と透析 | トップページ | ペチュニア »

2018年6月30日 (土)

能「融(とおる)」を見ました

 先週、京都観世会館で京都観世会六月例会を見ました。プログラムは能「小督(こごう)」、狂言「文山賊」、能「杜若 恋之舞」と盛りだくさん。私が見たかったのは締めくくりの能「融」でした。「白式舞働之伝」という小書が付いていましたが、その部分はよく見ていません。


 以下、チラシのあらすじを転載します(適宜、改行しています)。

  東国の僧が都に上って、六条河原院の跡に着いて休んでいると、田子(注:たご。竿の両はしに小ぶりの桶を吊るしたようなもの)を担った老人がやってくる。
 この辺りの人かと尋ねると、この所の汐汲みだと答える。僧が海辺でもない土地で汐を汲むとはおかしいと言うと、ここは昔、源融公が広大な屋敷を造り、庭内に陸奥の塩釜の景観を移したところであると答える。
 老人は僧の問うままに、融が日毎に難波の浦から塩水を運ばせ、ここで塩を焼かせるという豪奢な風流を楽しんだが相続をする人もなく荒れ果ててしまったことを物語る。
 そして遠江の名所を教え、やがて汀に立ち寄って汐を汲むかと思うと、姿は消え失せる。
  中入

 その夜、僧がそこで仮寝をしていると融公が貴人の姿で現れ、昔を偲んで舞を舞い、夜明けとともに月の都へと帰ってゆく。

・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・

 前シテは青灰色の面をつけた老人です。見るからに亡霊のように見えました。
 と、ここでストンと眠りに落ちてしまい、はっと気がつくと後シテが登場していました。
 上下とも純白の装束です。よほど上質の絹なのでしょう、柔らかい光沢を放って実に美しい。面は、なんという名前のものかわかりませんでしたが(こういうところ、大月能楽堂なら入り口で配る資料にちゃんと書いておいてくれます)、表情豊かで魅力的でした。

 栄華を誇った昔を偲ぶというのだから、哀愁の漂うゆるやかな舞かと思っていたのに大違い。若さを表現するような颯爽とした舞です。そのかっこよさと言ったら! 舞台狭しとおおらかでスピード感のある舞を見せ、その勢いのまま、去って行きます。驚きでした。

 あとで「能楽ハンドブック」を読むと、「月を中心に構成された作品で、融の大臣には、仲秋の名月の夜に現れた月の精の面影がある。ワキが僧でありながら読経一つしないのも、ここに理由があるのかもしれない」と記されていました。

 作者は世阿弥。シテは観世銕之丞が演じました。囃子方の中では大鼓の河村大と笛の杉市和が良かったです。

 京都観世会館は、冬は暖房が弱くて寒く、夏は冷房が効きすぎて寒いです。閉館になった大阪能楽会館のような古い建物ならまだしも、比較的新しい建築なのに、観客に優しくないのはなぜでしょう。
 私はマフラーを首に巻き、ショールを膝に乗せ、その上、カイロを両方の太ももの上に貼って鑑賞しました。この防備体制が気持ちよくて眠ってしまったのかもしれないです。

 

« ばら園と透析 | トップページ | ペチュニア »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

桂様 こんばんは。

前回の第三水曜日のカルチャーを休みました。
だから 明日は 一ヶ月ぶりの芦屋句会です。
昨日から その準備をしてますが 気分が乗りません
4句が全く浮かばないし 考えるのも面倒になっちゃった(笑)

が ここで負けてはいけないと・・・エアコン付けて がんばっています。
誰に責められてるワケでも無いのに「9時までには 終わりますから。。」とか
言いながら。1句だけでも これは どうだ!が浮かべば良いのですけどね。

さて 前回の記事で「透析す」って 言い方 私は はて?と思ったのですが
南風の俳誌で こんな1句を見つけたので 貼っておきますね。

夏雲と真対ひてをり点滴す  七菜子先生

ではでは お互い 暑さに負けないで がんばりましょう~

華子さ〜ん 
蒸し暑いですね〜〜〜。
コメント書いていただけるだけで元気が湧いてきます。
実は、とある同人誌?結社?に入ろうかなとしたんですけど、
費用の面をいろいろ尋ねてみますと(とても親切に教えてくださいました)、
無理! 今の私には無理です。
趣味が俳句だけじゃないので、
義太夫の稽古と発表会で年に10万円。
能も見たいし、文楽も見たいし、謡もちょこっとお稽古したい。
スポーツジムの会費が月15000円近く。
これ以上、お金は使えません。
やっぱり当分、月1回の初心者向け講座を受けることと、
あちこち投句してみることを続けていくことになりそうです。

七菜子先生の句のご紹介、ありがとうございます!
このごろ、松山俳句ポストへの投句をずっと考えています。
「夏草」はもう送りました。
今は「踊」を考えているところです。
あ、そうだ!
「俳句アルファ」にも送らなくっちゃ!

こんにちは。連日大雨ですね。
そちらは大丈夫ですか。

京都で「融」を見られたんですね!
私は奈良で見たことがありますが、照明が強すぎて…
同行の友人が「シテが出てきたとたん、バカ殿に見えた」と
がっくりしていました。
その後、厳島での「融」を録画しましたが
こちらは光がふわふわして、見にくいんです。
生で見れば素晴らしいのでしょうが…
お能の照明は難しいものですね。

投句に励んでおられて頼もしい限りです!
どんどん当選して上達してゆくといいですね。
多趣味ゆえ引き出しが多くて、竹を割ったようなお心の桂さん、
切れのよさが求められる俳句と、相性抜群だと思います。
ほめられて上達するタイプ、と仰っておられたので
門外漢ながら、思う存分ほめさせて頂きました。

snowdropさん、凄まじい豪雨でした。
すぐ近くを大きな川が流れているので、氾濫しないかと気がかりでしたが、
無事に天候が(やっと!)回復してくれました。
あちこち大変な被害が広がっているようで、胸が痛みます。

銕之丞さんの「融」、清々しく力強くて、心身が洗われるようでした。
照明はちょうど良かったです。
前シテからしっかり見ることができなかったのが残念です。

ほめてくださってありがたいのですが、
私、「竹を割ったような」性格ではないんです。
そうだったらいいなあと憧れますが。
しょっちゅう、うじうじしています。
梅雨明けの青空(今年はまだ見ていませんが)のようにスカッとしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2537115/73775797

この記事へのトラックバック一覧です: 能「融(とおる)」を見ました:

« ばら園と透析 | トップページ | ペチュニア »