無料ブログはココログ

« 能「盛久」を見ました | トップページ | 義太夫発表会は無事に終わりました »

2018年8月28日 (火)

素人義太夫発表会が近づく

 私は六代豊竹呂大夫師匠に師事して、素人弟子として義太夫を習っています。習い始めたのは、つい先日のように思うのに、もう入門8年目になりました。
 毎年8月末の土曜日に開かれる発表会が、今年は会場の都合で9月2日(日)になりました。総勢41名が参加します。

 文楽好きがこうじて義太夫のお稽古を始めたものの、私は声域が狭くて高い声が出せません。声量もありませんでした。
 それで、義太夫を習い始めてから半年後、ヴォイストレーニングのレッスンを週1回のペースで受けるようになりました。このレッスンのおかげで声量(肺活量)は格段に増え、声もほんの少しですが前よりは高いところまで出せるようになりました。

 ところが一昨年の秋から昨年の春にかけて、しつこく続く咳に悩まされ、ヴォイストレーニングができなくなってしまいました。治ってからも、復帰しなかったので、2年近く、ヴォイストレーニングから遠ざかっています。
 昨年の発表会ではまだそれほどにも思いませんでしたが、今年は格段に声量が落ちたのを実感しています。それに、高い声はやっぱり出ないです。

 こんな状態でも発表会はどんどん近づいてくるので、先月からお稽古に必死でした。わずか6分余り語るだけなのですが、詞章と曲節を正確に覚えなくてはなりません。その上、複数の登場人物の感情を表現して、語り分けなければならないのです。

 今まで、先輩のお弟子さんの語りはそれなりに義太夫らしい感じがするのに、私のはちっともそんな風に聞こえない。なんでだろう? と思っていましたが、そこには音(オン)とか息(いき)など、独特の技術があるのです。
 こういうのも、一つ一つ手探りでつかんで行くしかなく、上達は困難を極めます(師匠は指導してくださいますが、弟子の私の方にそれを理解する力が不足しています)。

 そんなこんなであがきにあがいています。この数日、無理に高い声を出して稽古をしていたら
喉がヒリヒリしてきました。これはいかん! 無理な発声で少しのどを痛めてしまったようです。それで今日は小さめの声で稽古しています。

 ものすごく難しくて大変なのに、義太夫は楽しい。去年あたりから、本気でそう思えるようになってきました。
 本番は能楽堂の舞台で語ります。能楽堂は声がよく響くので助かります。毎年緊張して、思わぬミスをしてしまうこともありがち。落ち着いて、師匠の教えをきちんと守り、正確に語ることを目指しています。


« 能「盛久」を見ました | トップページ | 義太夫発表会は無事に終わりました »

文楽」カテゴリの記事

コメント

ヴォイストレーニングをするとしないとでは
やっぱりずいぶんと違うんですね。
それにしてももう8年にもなるんですね。
長く続けられて、しかも本気で楽しいと思えることにであえるって
幸せなことだなあと思います。
といっても、桂さんはお茶もずいぶんと長く続けてましたね。
歌舞伎や文楽はもっと長い。
私はなんだかんだと手を出しては途中であきらめてしまっているので、
ちょっと恥ずかしいです。

そらまめさん、年齢の問題で、声帯が老化しているのよ。
初めてヴォイストレーニングのレッスンに行ったとき、
先生にそう言われました。
レッスンの成果で、ずいぶん回復したんだけど、やめてしまうとダメですね。
教えてもらった発声練習の方法を何か一つでも自分でずっと続けていればよかったなあ。

お茶は今は月1回しか稽古に行っていません。
でもきっと先生が健在なうちはやめないだろうなあ。
私、趣味が多くて、どれも長続きするので楽しいんだけれど、
義太夫のようなお金のかかる趣味が面白くてやめられないのは
我ながら困ります。
趣味が多くて、そのおかげで忙しい思いをしているのも、
いいんだかどうなんだか。
ボケ防止には、多少は役立っていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2537115/74115313

この記事へのトラックバック一覧です: 素人義太夫発表会が近づく:

« 能「盛久」を見ました | トップページ | 義太夫発表会は無事に終わりました »