無料ブログはココログ

« 愚陀仏庵ネット俳句会で初めての「秀逸」 | トップページ | 今になって気づいた「三段切れ」 »

2018年8月 5日 (日)

「まつやま俳句ポスト」で入選

 夏井いつきさんが主宰なさっているネット句会「まつやま俳句ポスト」にも初めて投句してみました。こちらは兼題が決まっているので、初心者には敷居が高かったのです。
 でも、6月の兼題が「夏草」で、これなら詠めそうだと思い、何句か作って初投稿してみました。

 先日、その発表を見ましたら、数多い「並選」の中にやっと私の句を見つけることができました。

    雨戸繰る老母不在や夏の草     桂

 なーんだ、並選かあと、がっかりしたのですが…。

 今回、1355人が合計7159句を投句したのですって。この数字は史上最大だそうです。
 この中から、天1句、地9句、人約600句(あまりに多すぎて、数えているうちによくわからなくなってしまいました)、そして並選が約600句選ばれています。

 計算してみると、並選に選ばれる確率はわずか0.09%です。そう考えると、喜んでいいみたいです。
 でも、並選リストに載っている句を読むと、どれも私にはみるからに初心者の句に思えました。ということは、私の句もそのレベルだということですよね。

 「夏草」に続いて、「踊」という兼題にも投句しました。結果は我ながらあまり期待できない気がしています。

 「天」に選ばれる確率は0.0001%、「地」は0.001%。ぜひその中に入ってみたいです。
 と、大きなことを言いながら、私なりの俳句のスタイルと言ったようなものが、いまだにさっぱりわかりません。どんな句がいいのかも、あんまりよくわからない状態が続いています。

 夏井いつきさんは自分ですべての句に目を通して、選考なさるんですって。大変な作業ですよね。ブログを拝見すると咳がなかなか治らず困っておられるようです。
 この方のおかげで俳句愛好者の裾野は一挙に広がったと思います。ぜひともお体を大事になさって、活躍を続けていただきたいです。





« 愚陀仏庵ネット俳句会で初めての「秀逸」 | トップページ | 今になって気づいた「三段切れ」 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

桂様 こんばんは。
ブログに書き込みがあれば メールで通知。。に設定してる?
私は してます。。。で 携帯で 書き込みを拝見。ありがとうございます。

愚陀仏庵インターネット俳句会 と 俳句ポスト 素晴らしい結果で
おめでとうございます。IとかJとか なかなか言えないよね。。オリジナリティ
あると思いました。

「切磋琢磨」モードを楽しむ人が ネット投句では多くて それはそれで
すごく良い勉強になるようです。一年間 それを経験した私も
お仲間に引っ張って貰った。。とは思ってます。

さてさて 朝ドラ。。。まぁ。。。あの三姉妹が退くようで
そして あの「律君」の登場で やや テンション上がってます。

時実新子を最近読んでます。妹が「川柳だけど 俳句との
共通点もあるのでは?」と勧めてくれました。以前にも読んだこと
あるんだけど あんな作風が 川柳と言うの?とか思いました。
クスッと笑えなくても。。川柳なんだね。

お墓を買ったとき そこに直筆で彫ったという1句。
「うららかな死よその節はありがとう」新子

「1句だけで良いから 自分の代表作が欲しい」と先輩が
言ってました。最近 私も その気持ちが分かるようになりました。
私のコトを思い出してくれる 私らしい1句が いつか詠みたい。残したい。

華子さん、
昨夜のうちに華子さんが早速コメントを書いてくださっているなんてちっとも知らなかったです。
コメントが入ればメールで通知が来る設定にしました!
IやJにオリジナリティがあるだなんて。
私は誰でも思いつくことだよね、と思いながら投句していました。
どういうのが「新鮮な発想」なのか、よくわからないんです。

時実新子って、昔よく本が売れていましたね。
友達が半ば強引に本を貸してくれたんですけども、
結局読まずじまいでした。
面白いですか?
図書館で借りてみようかなあ。
句集はよほど有名な、主に過去の俳人のでないと、
図書館には置いてないみたいです。
やっぱり自分で買わないとだめらしい。
どうしてもお金はかかるんですよね。
なんだかいつも最後はお金の事ばかり言っていますね、私。

着々と入選を重ねてますね。
俳句に挑戦して1カ月ほどで挫折した私としては
もうすごい! さすが! の一言(ふた言?)です。
それに、夏井いつきさんに選ばれたなんて
私ならそれだけで舞い上がりそうです。

書き忘れてました。
ちょっと気になったのですが、
確立をパーセントであらわす場合は100を掛けるので、
0.09%ではなく9%ではないでしょうか。

そらまめさん、そうやわ!
0.09%なんてすごいなあと思ってたけど、9%なのでした!
ボケてるのが暑さのせいだといいんだけど。
それでも「天」や「地」に選ばれる確率はやっぱりわずかやねえ。
憧れてしまうわ。

今見てるドラマ、「探偵が早すぎる」というのが割と面白いよ。
「高嶺の花」も見てるけど、野島伸司って相変わらずアクが強いね。
BSトゥエルブで毎日、古い時代劇をやっていて、若き日の菊五郎とか鶴田浩二が出てるの。
菊五郎、めちゃくちゃきれいな顔をしているよ。
今はひどくて見ていられません(演技は別として)。
鶴田浩二はお医者さんの役なんだけど、
決め台詞が面白くて笑えるよ。

そらまめさん、タイトルは「悪党狩リ」で、藤沢周平原作です。

「探偵が早すぎる」私も見てます。
滝藤さんの動きが面白くて目が離せません。
あと「健康で文化的な最低限度の生活」「義母と娘のブルース」「dele」。
「チアダン」「高嶺の花」「この世界の片隅で」はダンナが見るので、
何かしながら、ちらちらと横目で見る感じ。
おすすめの「極道めし」も見てみますね。

「悪党狩り」で検索したら菊五郎さんの若いころの画像がでてきました。
ほんとにきれいで、今のお顔からは想像つきません(失礼~)。
きれいなまま年をとっていく玉三郎さんはやっぱりすごいですね。

そらまめさん、
「探偵が早すぎる」の滝藤賢一、いきいきしてるよね。
「半分青い」のお父さん役はパッとしないのに
(役柄自体が無個性なんだと思うけど)
まるで別人のようです。
「義母と娘のブルース」は1回見たけど、「あり得ない!」という印象で、
やめてしまいました。
視聴率、割といいらしいね。
また一度見てみようかな。

こんばんは。
今日、初めてプレバト(?)を途中からですが、見ました。
夏井いつきさん、すごいです。
NHKでも拝見していましたが
民放で一層歯切れよく、鋭く、深く講評しておられて…
無駄な言葉が一つもなくて、的確なんですね。
自由な深読みも自在で…
この調子で膨大な数の投句に目を通しておられるのですね。
そのなかで早速選ばれるのはすごいことですね(改めまして)!

たまに朝の涼しさを感じる日も出てきました。
どうぞ喉を冷やさないようにして、2日は頑張ってください。

snowdropさん、
私も「NHK俳句」を先に見始めて、あるとき新聞のテレビ欄を見ていたら
「毒舌先生の芸能人俳句批評」とかいうような番組説明が目に飛び込んできて、
それから「プレバト」を見るようになりました。
今では毎週欠かさず見ています。
とても勉強になりますし、面白いです。
夏井先生の添削、すごいですよね。
劇的に変わる!
俳句の表現の引き出しが無尽蔵という風に感じます。

激励の言葉をありがとうございます。
エアコンをつけて寝ますと、喉が乾燥するようなので、
このごろは毎晩マスクをつけて眠っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2537115/73982781

この記事へのトラックバック一覧です: 「まつやま俳句ポスト」で入選:

« 愚陀仏庵ネット俳句会で初めての「秀逸」 | トップページ | 今になって気づいた「三段切れ」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31