無料ブログはココログ

カテゴリー「能・狂言」の記事

2018年9月18日 (火)

能「菊慈童」を見ました

 9月9日の西宮能楽堂公演の続きです。
 今回の公演は「『重陽の節句』〜菊の葉の露のなぞ〜能『菊慈童』」というタイトル。いつものように、まず梅若基徳さんが解説をされました。
 9月9日は「重陽の節句」です。中国では奇数は陽の数字、偶数は陰の数字とされ、陽の数字のほうがめでたいのです。そこで、3月3日、5月5日、7月7日が特別な日となりました。

 中でも最大の奇数である9が重なる9月9日は最もめでたい日でした。陽の数が重なるので、「重陽(ちょうよう)の節句」と呼びます。
 この日、菊の花の上にわたを置き、菊の露を染み込ませ、そのわたで顔や体を拭くと不老長寿の薬になると言われて来ました。

 どういうわけか日本では9月のこの節句は3月、5月、7月ほどにはその重要性が長くは伝わって来ませんでした。
 「菊慈童」は菊と不老長寿の関わりを描いているので、まさに重陽の節句にふさわしい演目なのです。

 解説の後、「囃子フリートーク」。小鼓体験の指導をされた上田慎也・敦史兄弟による「兄弟で違うお囃子方を志して」と題してのフリートークです。さらに梅若基徳さんが指導して「菊慈童」の謡の一部をお客が稽古しました。
 毎月お決きまりのこうしたプログラムの後、「菊慈童」が上演されました。主な配役は次のとおりです。

   シテ 慈童   梅若雄一郎(基徳さんの子息)
   ワキ 勅使   原   大

   大鼓   山本寿弥
   小鼓   上田敦史
   太鼓   上田慎也
   笛     貞光智宣

   後見   梅若基徳
         梅若猶義

   地謡   今村哲朗
         井戸良祐
         上野朝彦

 あらすじを『能楽ハンドブック』(三省堂)から紹介します(一部、書き替えています)。

  魏(ぎ)の文帝の臣下(ワキ)が「てつ(見慣れない漢字で、パソコンでは出て来ません)県山の麓から薬の水が湧き出た。みなかみを見て参れ」との勅命を受け、山中に分け入り、慈童(シテ)に出会います。慈童は少年の姿をしています。
 「何者か」と問われて慈童は「自分は周の穆王(ぼくおう)に仕えていた者だ」と答えます。穆王の寵愛を受けていたが、あるとき穆王の枕をまたいでしまい、その罪で深山に追放されたのです。
 周の穆王の時代は700年も前のこと。勅使が「700年も昔の人間とは、妖怪変化か」と怪しみます。
 追放されるとき穆王が哀れんで、枕に妙文(みょうもん。お経の一部分)を記して与えていました。慈童はその妙文を菊の葉に写し、葉に降りた露の滴りが不老不死の薬となり、700歳もの長寿を保つことになったと気づき、喜びの舞を舞います。
 そして、てつ県山の山の水は菊水の流れ、その泉はもともと酒なのだからと、勅使にもすすめ、自らも飲み、菊の花を折り敷いて寝ます。
 やがて目覚めると、700歳の寿命を文帝に捧げて、庵に入って行きます。祝言性の濃厚な曲。

・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・

 内容がわかりやすく、装束がきらびやか。作り物も二つも出て、そのうちひとつは菊の花で周りを取り巻いた寝台なので、華やかでした。
 「菊水」という名前の日本酒がありますが、ここから取られた名前なんですね。

 終了後、脇正面の座席を片付けてテーブルと椅子が置かれ、「能楽師とのティートーク」が行われました。これは予約していなかったのですが、まだ空きがあるとのことでしたので、申し込んで参加しました。

 梅若基徳さんのほか、途中から雄一郎さんも来られました。
 ここで出たお話で、驚いたのは、一つはこの能楽堂の建設に当たって、西宮市は一切、補助をしていないということでした。「文教都市」を謳い文句にしている自治体なのに、意外でした。

 もう一つは、「菊慈童」の穆王と慈童は同性愛の関係だったということです。謡の詞章に「寵愛」という言葉が出て来たので引っかかっていたのですが、やはりそうでした。穆王の周りには慈童だけでなく、何人かの少年がいたようです。

 ここで話は突然NHKの大河ドラマへ。世阿弥はとてもドラマチックな生涯を送った人物なので、大河ドラマの主人公として取り上げられても良さそうなのに、決して取り上げられることはない。それは、足利義満と世阿弥が同性愛の関係にあったからだそうです。
 このことは史実なので(私も知っていました)触れないわけにいかないし、NHKとしては大河ドラマでそうした性の問題は扱いたくないのだとか。
 「信長」では森蘭丸が登場しましたが、信長との同性愛の関係には触れませんでした。

 身分の高い男性が美少年を「寵愛」するという同性愛は広く行われていたことでしたし、一般社会でもよくあることだったのです。義満と世阿弥の関係は不思議でもなんでもないのですが、いつの頃からか(江戸時代も、当初はあったらしいです)廃れ、今では例えば芸能人が同性愛者だとわかると、袋叩きにあうようになりました。

 こんな話が飛び出して興味深く、また基徳さんが「後ほど舞台に上がってもらいます」とおっしゃっていたので、それも楽しみだったのですが、私は後にまだ用事が入っていたので、途中で退席しました。残念でした。

 次回、10月の公演は「井筒」です。超有名な曲なのに、私はまだ見たことがありません。最近では9月1日、大津の伝統芸能会館で味方玄(みかたしずか)さんがシテを勤めて上演されています。
 実はこの公演のチケットを早くから取っていたのですが、毎年8月末に行われる素人義太夫発表会が今年は会場の都合で9月2日になり、本番前日になってしまったので行くのを断念しました。
 というわけで初めての「井筒」です。とても楽しみです。


 


 

2018年9月16日 (日)

西宮能楽堂で小鼓体験

 西宮能楽堂の9月公演は「菊慈童」でした。公演に先立って小鼓の体験講座と謡の体験講座が開かれたので、予約して参加しました。謡は前にも経験しているのですが、小鼓を実際に打つのは初めて。これがとても楽しかったのです。

 講師は上田敦史さんという若い方。大倉源次郎さん(人間国宝)のお弟子さんだそうです。お兄さんで太鼓方の上田慎也さんが補助役でした。
 参加者は20人近く。小学校1年生から3年生くらいの女の子5人と、そのお母さんたちもいました。

 舞台の前半分に緋毛氈が敷かれ、稽古用の小鼓が並びました。参加者を前半と後半の二組に分け、まず前半組が舞台に上がり、小鼓の前に座ります。構え方、打ち方を教えてもらい、実際に打ってみます。

 小鼓を左手に持ち、右の肩の上に構えます。講師の掛け声を真似て声を出し、右手のひらの下の方を小鼓の下の方の縁に当て、4本の指で小鼓の中央を打ち、反動ですぐに離します。「縁に手のひらを当てる」→「中央を打つ」→「離す」。この一連の動作をほぼ一瞬に行います。

 掛け声は「いやぁ」と「ほぉ」の2種類を教わり、大きな声を出しました。

 私は後半の組だったので、前半の人たちが教わっているのを見てからお稽古ができ、思ったよりうまくやれました。
 それだけでもゴキゲンだったのですが、最後に「いやぁ」と「ほぉ」、「ほぉ」を連続2回打つという3種類の打ち方を組み合わせた1フレーズを、講師のリードで打って、それが「翁」の「三番叟」の一部分だと聞いた時にはなんだかすごいことを成し遂げたような気分になりました。

 以前、京都の有斐斎弘道館で大倉源次郎さんを招いての講座に行ったとき、「エアー小鼓」で打ち方を教えてもらいましたが、やはり本物の小鼓を打つと、手応えがあって面白いです。
 素人でもそれなりに気持ちのいい音が出せたのは、初心者向けに音の出やすい小鼓が用意されていたからかもしれません。

 西宮能楽堂ではこれから、大鼓の体験講座や太鼓の体験講座も開かれます。興味しんしんなのですが、大鼓は手が痛いだろうなあ。太鼓は楽しいかもしれないなあ。などと、まだ申し込みをするかどうか、迷っています。

2018年8月18日 (土)

能「盛久」を見ました

 

 久しぶりに大阪の大槻能楽堂に足を運び、能「盛久」を見て来ました。
 受付で配られた資料から、あらすじを紹介します(一部、省略したり書き換えたりしています)。

 壇ノ浦の合戦後、源氏方の土屋三郎に捕縛された平盛久は、都から鎌倉へ護送される。日頃より篤く信仰する清水の観音で別れの参拝をさせてもらった後、花盛りの都に名残を惜しみつつ輿(こし)に乗せられて東海道を下っていく(桂注:この部分が「東下り」。名所を辿っていく詞章がとても美しく、盛久の心情が表現されます)。

 鎌倉に着き、いよいよ明日、処刑と知らされた盛久は、それまでの時間、「観音経」を読誦し、土屋も聴聞する。王命に背いて処刑されようとしても、観音菩薩を信じて念ずれば、その者を斬ろうとする剣はきれぎれに折れてしまう、という観音菩薩の霊験を聞き、土屋は盛久の命運に期待を抱く。
 盛久自身はもとより死の覚悟を決めていたが、まどろむ間に不思議な夢をみる。

 明け方、由比ヶ浜の刑場へ引き出された盛久は清水寺の方角へ向かい、観音の御名を唱える。
 処刑人が刀を振り上げたその時、経巻から光が出て目がくらみ、取り落とした刀は二つに折れてきれぎれになっていた。「観音経」の経文どおりの奇蹟が起きたのだった。

 頼朝の前に召された盛久が、清水の老僧が身代わりを申し出た夢の話をすると、頼朝も同じ夢を見たと言う。盛久は赦され、頼朝の所望に応えて喜びの舞を舞う。

・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・

 主な出演者は次のとおりです。
  シテ(盛久)    野村四郎
  ワキ(土屋三郎)   福王茂十郎

  大鼓   白坂保行
  小鼓   曽和鼓堂
  笛     杉 市和

 簡単にまとめれば、観音を篤く信仰していた武士が、観音菩薩の霊験によって死刑になるその瞬間に救われるというお話。その信仰の内容に共感するわけではないのですが、盛久のひたむきな心が終始伝わって来て、何も違和感を覚えず、心地よく最後まで見ることができました。

 シテは生きている人物なので直面(ひためん。面をつけないこと)なのですが、野村四郎さんは高齢で味わいのあるお顔をなさっているので、ぴったりでした。
 囃子方のボリュームがちょうど良く、シテの謡と地謡の両方がよく聞き取れ、意味がわかりました。盛久が見ているものがイメージできたことが、何よりよかったです。
 始まってすぐからこの曲の世界に入って行くことができ、盛久と一緒に東下りの旅をし、死の直前から生へと生還する展開を共に経験したような気持ちになれました。

 作者は世阿弥の長男、元雅。この人は30代半ばで亡くなっています。時の将軍、足利義教に暗殺されたと言われています。
 元雅自身には自分が若くして死を迎えることを予感していたような節があり、彼の残した作品には死の影がつきまとっています。
 「隅田川」「弱法師(よろぼし)」「歌占」「吉野山」のほか、「朝長」「維盛」「経盛」も元雅の作品だろうと言われています。

 「隅田川」はとても有名な作品ですが、私はいまだに見る勇気が持てません。我が子が誘拐され、やっと手がかりがつかめたと思ったらすでに病死していたなんていう話、母も子もかわいそう過ぎて、とても見ていられない気がするのです。
 「弱法師」と「朝長」はぜひ一度鑑賞したいと思っています。


2018年7月 9日 (月)

「敦盛」そのまた続き

 ワキの熊谷次郎直実(源氏方)が出家して僧になったのは、わずか16歳の敦盛を殺してしまったという悔いが引き金になっています。その背景には、敦盛と同い年の息子をこの戦いで失った悲しみが潜んでいるのです。

 戦争ですから、直実はたくさんの平家方の武士を殺したのでしょう。そのことがまず気持ちの中に沈殿していて、そこへ、自分の可愛い息子が戦死した。そして次にはその息子と同い年の敦盛を殺す羽目になるのです。

 これはおそらく平家物語の記述だろうと思うのですが(確かめていなくてごめんなさい)、直実は相手がまだ少年だと気づいた時、殺すのをためらうのです。敦盛が自ら名乗るのを聞けば、死んだ息子と同い年! 
 なんとか落ちのびさせようとするのですが、味方の軍勢が押し寄せてきていて、どうしてもそれができません。

 心ない者の手にかかるよりは、と決心して、ついに敦盛を斬り殺すのです。
 こんないきさつがあって、その後、直実はとうとう武士の身分を捨て、何もかも捨てて出家します。

 歌舞伎の「熊谷陣屋」はもっと劇的です。直実が殺したのは実は自分の息子で、敦盛の命は助けた、というストーリーになっているのです。つまり、敦盛の命を助けるために彼の身代わりとして我が子を自ら手にかけたのです。そうするように命じたのは義経です。

 このお芝居の終盤、花道の七三で僧形の直実が剃った頭をつるりと撫でながら、
  「十六年はひと昔。夢だ、夢だ」
と語るセリフにはいつも泣かされます。当代の吉右衛門丈の当たり役です。
 歌舞伎の作者の想像力(創造力)には凄まじいものがありますね。

和ろうそく能「敦盛」を見ました 続き

 能「敦盛」は全部を上演すると1時間半ほどかかる曲です。ここでは時間の制限があるので、半能、つまり後シテの部分だけが上演されました(その中でも、省略された部分があったかもしれません)。


 西宮能楽堂では半能の形での上演が多いです。ここで解説付きで半能を観てとっかかりをつかみ、いずれほかの機会に全部を観ればより深く味わうことができる、ということだろうと私は理解しています。

 和ろうそくが灯され、照明は消されました。普段は経験することのないような暗さです。囃子方と地謡が登場すると、衣擦れの音でしょうか、着物や袴がすれ合うサラサラという音が大きく聞こえます。普段の能舞台ではほとんど意識しない音です。

 ワキが登場します。先にも書きましたように、敦盛を討った熊谷直実が出家して蓮生と名乗った姿です。
 名乗りの後、ワキ座へ進むとき、足袋が床をする音が響きました。脇座でターンして舞台中心に向いて座るときには足元に強い圧力がかかるのでしょう、キュッキュッという音が大きく聞こえて、少々驚きました。視覚を制限されると、途端に、聴覚が鋭くなるようです。

 後シテの敦盛が登場します。貴族の若者の出で立ち。豪華な装束です。演じるのは梅若基徳さん。この方は体が大きいので、16歳の少年にはちょっと不向きだなあと感じてしまいました。

 いつもの上演では向かって右の壁にプロジェクターで謡の詞章が表示されるのですが、この日はさすがにそれはありませんでした。そこまで予想しておらず、詞章の下調べをしてこなかったのを少し悔いました。
 でも、敦盛と熊谷直実をめぐる話は大幅に脚色されて歌舞伎の「熊谷陣屋」でたびたび見ています。聞き取れる言葉を拾って、なんとか理解しようと努めました。

 ところが、お囃子の威勢が良すぎて、シテの謡も地謡も十分聞き取れない部分が多かったです。ここはもう少し音量のバランスを考えて欲しいものです。

 蓮生は敦盛の供養のために須磨を訪れます。その夜、蓮生の前に敦盛の霊が現れ、生前の復讐をしようとします。蓮生は念仏の功徳の前に因縁など存在しないと告げ、敦盛は懺悔として生前の様子を物語ります。
 やがて再び妄執の心を起こした敦盛は蓮生に斬りかかりますが、一心に弔う蓮生の姿を見て回心し、「あと弔うてたべ」と告げて消えていきます(当日配られたパンフレットより。一部書き換えています)。

 そうでなくても面をつけると視界は極端に狭くなるのに、和ろうそくのほのかな灯りだけで舞うとは、すごいことです。しかもかなりテンポの速い舞なのです。
 敦盛から伝わってくるのは憎しみや悲しみといった生の人間の感情ではなく、生者とも死者とも分かち難いものの存在感でした。
 戦さなどするよりも、大好きな笛を吹いていたかった16歳の少年。彼がまとっている空気が風のように感じられ
ました。

 殺した側の人間が、殺された人間の亡霊の恨みを鎮め、弔う。なんという発想の大転換でしょう。
 世阿弥の作です。現代人に十分通じる作品だと思います。

 次回は8月4日(土)。引き続き「和ろうそく能」で、半能「夕顔」が上演されます。

和ろうそく能「敦盛」を見ました

Photo_2

 土曜の夜、西宮能楽堂で能「敦盛」を見ました。正確に記しますと、「和ろうそく能」〜陰翳礼讃十六歳の最期〜半能『敦盛』」です。

 会場に入ると、舞台を囲むようにして5カ所に、燭台に据えた和ろうそくが準備されていました。火はまだ灯されておらず、蛍光灯の照明です。
 通常、この能楽堂での開演は昼間の2時なのですが、今回と次回は夜の7時なのです。
 プログラムはまず、梅若基徳さんによる解説から始まりました。ちょうど七夕の日でしたので、七夕の風習についてのお話から始まり、能で源氏と平家を演じる時の扇の違い、装束の違い、面の違いについて語られました。

 さらに、信長が好んだことで有名な
「人生五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり」
という詞章について。
 能「敦盛」の謡の一部だと思っている人が多いのですが、実は当時流行していた幸若(こうわか)舞の「敦盛」なのだそうです。
 しかも「人生」ではなく、「人間(じんかん)」。
 天界には六つの層があり、その一番下が「下天」なのだとか。その「下天」でさえ、人の世の50年は下天の1日にしか当たらないのだそうです。それほどまでに、人の世の時の移ろいは早く、虚しいものだという意味なのです。
 「人生五十年」という言葉は、当時の寿命がおよそ50年くらいだったから、と誤解されていますが、寿命の話ではないのだそうです。


 次にワークショップです。
 能楽師の上野朝彦さんが「敦盛」のクライマックス部分の謡を観客をリードして稽古してくださいます。そして、その部分を実際に舞って見せます。
 シテの敦盛は、敦盛自身を演じるのはもちろんですが、自分を殺そうとして斬りかかる熊谷直実も演じるんです! のちに出家して蓮生(れんしょう)と名乗っている僧がワキを演じていて、ワキ座にいるのに!
 こんな風に視点が自在に変わるところが能の面白いところでもあり、わかりにくいところでもある、とおっしゃっていました。
 このお話を聞いていなかったら、後で拝見した敦盛の舞は意味不明に終わってしまっただろうと思います。

 続いて、櫨(はぜ)という植物百パーセントの和ろうそくを作り続けている会社の方が和ろうそくについて、説明をされました。
 パラフィン(石油を原料とするもの)を混ぜればいくらでも安く作れるが、炎の安定性、美しさ、安全性、自然への優しさなど、どの点をとっても櫨だけで作った和ろうそくには叶わないとのこと。実際に、2種類の和ろうそくを灯して、その違いを見せてくださり、その差が一目瞭然でわかりました。
 ここでやっと能が始まります。
 長くなってしまいましたので、次の記事に改めます。
 

2018年6月30日 (土)

能「融(とおる)」を見ました

 先週、京都観世会館で京都観世会六月例会を見ました。プログラムは能「小督(こごう)」、狂言「文山賊」、能「杜若 恋之舞」と盛りだくさん。私が見たかったのは締めくくりの能「融」でした。「白式舞働之伝」という小書が付いていましたが、その部分はよく見ていません。


 以下、チラシのあらすじを転載します(適宜、改行しています)。

  東国の僧が都に上って、六条河原院の跡に着いて休んでいると、田子(注:たご。竿の両はしに小ぶりの桶を吊るしたようなもの)を担った老人がやってくる。
 この辺りの人かと尋ねると、この所の汐汲みだと答える。僧が海辺でもない土地で汐を汲むとはおかしいと言うと、ここは昔、源融公が広大な屋敷を造り、庭内に陸奥の塩釜の景観を移したところであると答える。
 老人は僧の問うままに、融が日毎に難波の浦から塩水を運ばせ、ここで塩を焼かせるという豪奢な風流を楽しんだが相続をする人もなく荒れ果ててしまったことを物語る。
 そして遠江の名所を教え、やがて汀に立ち寄って汐を汲むかと思うと、姿は消え失せる。
  中入

 その夜、僧がそこで仮寝をしていると融公が貴人の姿で現れ、昔を偲んで舞を舞い、夜明けとともに月の都へと帰ってゆく。

・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・

 前シテは青灰色の面をつけた老人です。見るからに亡霊のように見えました。
 と、ここでストンと眠りに落ちてしまい、はっと気がつくと後シテが登場していました。
 上下とも純白の装束です。よほど上質の絹なのでしょう、柔らかい光沢を放って実に美しい。面は、なんという名前のものかわかりませんでしたが(こういうところ、大月能楽堂なら入り口で配る資料にちゃんと書いておいてくれます)、表情豊かで魅力的でした。

 栄華を誇った昔を偲ぶというのだから、哀愁の漂うゆるやかな舞かと思っていたのに大違い。若さを表現するような颯爽とした舞です。そのかっこよさと言ったら! 舞台狭しとおおらかでスピード感のある舞を見せ、その勢いのまま、去って行きます。驚きでした。

 あとで「能楽ハンドブック」を読むと、「月を中心に構成された作品で、融の大臣には、仲秋の名月の夜に現れた月の精の面影がある。ワキが僧でありながら読経一つしないのも、ここに理由があるのかもしれない」と記されていました。

 作者は世阿弥。シテは観世銕之丞が演じました。囃子方の中では大鼓の河村大と笛の杉市和が良かったです。

 京都観世会館は、冬は暖房が弱くて寒く、夏は冷房が効きすぎて寒いです。閉館になった大阪能楽会館のような古い建物ならまだしも、比較的新しい建築なのに、観客に優しくないのはなぜでしょう。
 私はマフラーを首に巻き、ショールを膝に乗せ、その上、カイロを両方の太ももの上に貼って鑑賞しました。この防備体制が気持ちよくて眠ってしまったのかもしれないです。

 

2018年5月 7日 (月)

西宮能楽堂で半能「田村」

 子どもの日に初めて西宮能楽堂に行きました。昨年12月に完成したばかりの施設です。
 清々しい白木の造り。

Photo
 向かって右側の壁に文字がプロジェクターで映し出されています。上演中はここに謡の詞章が表示されました。
 「能楽堂にも文楽劇場のような詞章を表示する電光掲示板があればいいのに」と前から思っていましたが、従来の能楽堂には似つかわしくないなあという気持ちもありました。ここではそれが違和感なく実現していました!
 
Photo_2
 外光を取り入れているので、今までの能楽堂のイメージを一新するほど、内部は明るいです。
 客席は80ほど。満席でした。

 この能楽堂では能を初心者にもわかりやすく楽しんでもらうことを第一の目標にしているようです。プログラムにもその意図が現れています。

  解説      梅若基徳

  囃子ワークショップ「指揮者がいない日本の楽器」

  「田村」 謡のワークショップ     梅若基徳

  マンガ紙芝居              絵・渡辺睦子

 梅若さん(この方が中心になってこの能楽堂を運営しているようです)は、「端午」の意味、尚武と菖蒲の結びつき、なぜ男の子の節句になったのか、なぜ柏餅を食べたり鯉のぼりを上げたりするのかなど、わかりやすくお話をされました。
 柏餅、柏手など、なぜ柏が珍重されるのかというと、新芽が出るまで古い葉が落ちないからだそうです。家が衰えない、親子のつながりが続いていくめでたいものとされたようです。

 また、坂上田村麻呂は渡来人、つまり朝鮮半島から渡ってきた人なのだそうです。大陸の文化を積極的に取り入れ(それを消化して日本独自の文化を築き上げるのですが)、外国人を招き入れて手厚くもてなし、適材適所に配置して能力を発揮してもらっていたのです。
 能楽のそもそものルーツとされる秦河勝も渡来人でした。

 お囃子のワークショップは、笛、小鼓、大鼓の奏者の方々(若い人ばかりでした)がそれぞれ、楽器の特徴を説明しました。
 笛は唯一の旋律楽器ですが強く吹くことが求められるので、打楽器的な演奏です、という説明が印象的でした。
 ちなみに、同じ音が鳴る笛というものは二つとないのだそうです。

 3つの楽器の中では大鼓が主導しているのだそうです。
 中国の陰陽思想が反映していて、小鼓は陰、大鼓は陽だというのも初めて聞いた話でした。小鼓は馬のお腹の柔らかい皮を使い、大鼓は背中やお尻の硬い皮を用いるのだそうです。

 用い方が真逆(小鼓は乾燥を嫌い、常に湿気を与えて、紐を締めたり緩めたりして音程を変えて打ちます。大鼓は湿気を嫌い、炭火で乾燥させて、紐を強く締め上げた状態で打ちます)なので、小鼓の皮は100年以上保ちますが、大鼓は半年くらいで破れてくるとのことでした。

 謡のワークショップでは、梅若基徳さんがリードして、「田村」のサビというのでしょうか、一番華々しい部分をお客さん全員で謡いました。その後、梅若さんは舞台でその部分を舞い、舞の動作を説明しました。
 シテは田村麻呂を演じるだけではなく、敵方の動きも演じるんですね! 説明を聞きながら舞を拝見すると、とてもわかりやすくて興味深かったです。
 マンガ紙芝居は現代的な感覚の絵でユーモラスにストーリーを解説していました。


 この後、半能「田村」が上演されました。

 「田村」とは、先にも書いた坂上田村麻呂のこと。東国の僧が清水寺で桜を楽しみ、創建の縁起物語を聞きます。夜、桜の木陰で経を読んでいると武将姿の田村麻呂の霊が現れます。
 鈴鹿山の賊を討伐するため軍を進めたが、数の上で敵方ははるかに優っていました。そのとき千手観世音が出現し、千の手に弓をつがえて矢を射たので、敵をことごとく滅ぼすことができました。

 「屋島」「箙(えびら)」とともに「勝修羅」と分類される作品で、いわゆる「修羅能」とは全く異なった明るくて陽の気に満ちた曲です。

 演者は次の通りです。
  坂上田村麻呂  梅若雄一郎(基徳さんの子息)
  旅僧        福王知登

  大鼓        山本寿弥
  小鼓        上田敦史
  笛          貞光智宣

  後見        梅若基徳
             梅若猶義

  地謡        笠田祐樹、上田大介、今村哲朗

 
 ほとんどが若い方ばかり。シテの出のとき、何か中心が定まりきっていないような、形にわずかな乱れがあるような印象を受けました。舞も、ときどき形が決まっていないように感じられるところがありました。
 でも、それ以外は素晴らしかったです。どの演者からも若い人ならではの力強くて堂々として明るい気が伝わってきて、見ていてもスカッとした良い気分になれました。

 この能楽堂では来年3月まで、月に一度の催しが決まっています。この日の体験ですっかり気に入り、自由席なら3000円と、チケットも安いので、しばらく通ってみるつもりです。

2018年4月 9日 (月)

能「雲林院」を見ました 続き

 チラシに書かれていたあらすじを以下に転載します(表記は読みやすく変えています)。

 『伊勢物語』の愛読者・蘆屋公光(きんみつ)は、ある夜見た夢に導かれて、都・紫野の雲林院を訪れます。折しも花の盛り。心惹かれて一枝を手折る公光。すると老翁が現れ、それをとがめます。
 古歌を引いて問答した末、公光に『伊勢物語』の秘事伝授を約束し、花の蔭に寝て待つように言うと老翁は夕霞の中へと消えて行きました。

 その夜、木蔭に伏して月を眺める公光の前に現れたのは、貴人姿の在原業平。『伊勢物語』第六段の内容を語り始め、おぼろ夜に降る春雨の中を逃れた追憶のうちに夜遊(やゆう)の舞楽を舞ってみせます。
 やがて夜明けとなり、夜もすがら『伊勢物語』が語られた公光の夢は覚めるのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は前半のほとんどを気持ち良く眠ってしまいました。残念。後半はしっかり見ました。
 後シテは高貴な身分の貴族の装束です。「月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身ひとつは もとの身にして」という一声から始まり、高子との逃避行の経緯や様子を語ります。桜散らしの雨が降る夜、芥川を渡り、迷いながら落ちていったこと。謡の詞章は案外短く、シテはゆったりと美しく舞い続けます。
 この季節にぴったりの夜桜、雨、川面に浮かぶ花筏が想像の世界に広がります。シテの装束に織り込まれている桜が、雨に散って衣服に張り付いたもののように見えました。

 味方玄がシテを演じる舞台を見ていつも感じるのは、この人の体を包む濃密な空気感です。まるでそこだけが別世界のように見えます。
 そこから発散されてくるもの(気、でしょうか)が極めて強いので、舞の意味がわかってもわからなくても、ただひたすらじっとシテの姿を見つめ続けてしまいます。

 シテが退場した時はホッと息をつきました。それまでは息を詰めるようにして、見入っていたのです。
 この曲は滅多に上演されない珍しい作品で、味方玄自身も初演だそうです。良いものを見させていただきました。

 この日、大津市伝統芸能会館は駅前からタクシーに乗らなくても徒歩10分ほどの距離だということがわかりました。タクシーだと740円ほどかかるのですが、車の通れない細い道があり、そこを通っていくと近道なのです。

 9月にはこの能楽堂で味方玄の「井筒」を見る予定。今から楽しみです。

能「雲林院」を見ました

 一日に能「雲林院」を見ました。会場は大津市伝統芸能会館です。
 主な出演者は次の通りです。

  シテ 尉(じょう)・在原業平  味方 玄(しずか)
  ワキ 蘆屋公光(あしや きんみつ)  原   大
  ワキツレ 従者  原   陸

  大鼓  河村  大
  小鼓  久田舜一郎
  太鼓  井上敬介
  笛    森田保美

  アイ狂言  茂山忠三郎


 開演に先立って、歌人の林和清さんのお話がありました。テーマは「雲林院とはいかなる場所か」。藤原氏独裁政権下における政治的な敗北者や弱者たちの集まる「わび人の歌会」が行われた場所なのだそうです。紫式部もこの近くで生まれており、ゆかりが深いとのこと。

 いわゆる「色好み」の男たちは、決して手を出してはいけない女性に恋をして
しまう。例えば光源氏の藤壺との恋。藤壺は父帝の妻であり、義理の母親でもあるのです。二重のタブーに遮られた女性に恋い焦がれ、少なくとも2回は思いを遂げている、と林さんは話されました。


 こんなとんでもないスキャンダラスな物語が上流階級の人々の間で大人気を呼び、次々と書き写され、読者を広げていったというのはすごいことですね。最近のマスコミの「不倫バッシング」に比べて、なんとおおらかなんでしょう。ほとんど呆れるばかりです。

 もう一人の「色好み」、在原業平が恋したのは次の帝の后になることが決まっていた藤原高子(たかいこ)です。人目に触れぬよう隠されていたのを業平は見つけ出し、おぶって、高槻の芥川まで逃げます。深窓の令嬢である高子はきっと、ろくに歩いたこともないほど、体力のない人だったのでしょう。

 荒れた蔵で夜明かしをした時、高子は蔵に潜んでいた鬼に食べられてしまいます。これは、異変に気付いた兄たちが二人を追いかけ、高子を奪い返したという意味だそうです。
 「女性の自由な幸せを奪い政治の道具にする藤原氏こそが鬼なのだと、告発しているかのようにも読むことができる」と、林さんのレジュメに書かれていました。
 光源氏は架空の人物ですが、在原業平は実在の人で、高子との逃避行は史実です。

 高子を失ったのち、業平は有名な「東下り」をします。都落ちですね。
 後年、清和天皇の妃になった高子は陽成天皇を生み、強大な権力を手に入れると業平とよりを戻します。数年の恋愛関係ののち、業平は亡くなります。その後、高子は寺院の若い僧侶とスキャンダルを起こし、皇后の座を追われます。
 業平との別れによって、精神のバランスを崩したのかもしれません。

 前置きが長くなってしまいました。あらすじと感想は稿を改めます。
 
  

その他のカテゴリー