無料ブログはココログ

カテゴリー「俳句」の記事

2018年9月19日 (水)

「俳句あるふぁ」の「予選通過句」に選ばれました

 「俳句あるふぁ」は毎日新聞出版が発行する季刊の俳句雑誌です(以前は月刊だったらしいです)。投句用のはがきがついていて、「あるふぁ俳壇」に2句を投稿することができます。夏号を買ったとき、「ものは試し」と、送ってみました。
 数日前、発売中の秋号を書店で立ち読みしたら、私の句が「予選通過句」の中に入っていました!

 選者が4人いて、投句された全ての句を対象に、選句します。予選通過句というのは、「入選」「佳作」の候補として4人の選者が選んだ句です。

 選者ごとに「入選」が10句、「佳作」が30句選ばれます。同じ句を複数の選者が「入選」や「佳作」に選んでいるケースも見られます。
  「予選通過句」は都道府県別に並んでいて、3句しかない県があったり、100句以上並んでいる県があったりしています。

 私の住んでいる県のところを見ていて、自分の俳名を見つけました。やった! その上に句が載っています。

    せいせいと靴陰干しに夏燕

  一瞬、「こんな句、詠んだっけ?」と思ってしまいました。忘れるのが早い私にはよくあることです。思い出せば、梅雨で何日も雨が降り続いた後、やっと晴れた日に詠んだ句でした。

 「入選」でも「佳作」でもなく、「予選通過句」に入っただけなのですが、俳句歴1年未満で初投稿の私には飛び上がるほどうれしい結果でした。

 記事はまだ一部しか読んでいませんが、「『平成』と俳句」という長谷川櫂さん、宮坂静生さん、対馬康子さんによる鼎談が興味深いです。
 「戦後の七十年間は本当に稀有な時代で、改めて我々が日本の歴史とつながるような、そういう死生観を持たざるを得ない時代が来たということを感じますね」(宮坂さん)。
 「『現代の無常観』と言ってもいいと思うんです。『方丈記』に書いてある通りのことをまざまざと意識してしまう」(長谷川さん)
 「『徒然草』などの無常観、中世の無常観みたいなものがね、すごく身近に感じる」(宮坂さん)
 「俳句は最短の短詩型であるがゆえに、生と死は紙一重だというような危機的状況を表現できる文学ではないか、という高野ムツオさんの指摘を実感しますね」(宮坂さん)
 「そもそも文芸とか俳句とかいうのは、基本的に死生観を表すものですし」(対馬さん)

 このようなやり取りに深くうなづいてしまいました。私も似たようなことを思っていて(俳句についてではなく、時代について)、1年ほど前に「方丈記」を読んだとき、ここに書かれていることは現代にそのまま地続きだという感想を持ちました。

 俳句でもそうした内容を詠みたいと思うのですが、初心者には難し過ぎると、これまで手をつけてきませんでした。
 先日の句会に投句した句、

    その朝も常と変はらぬ蝉しぐれ

 の「その朝」は、台風一過の朝であり、大きな災害が訪れた日の朝でもあり、広島に原爆が落とされた8月6日の朝でもありました。でも、そこまで伝えるのは難しいです。
 それにしても、一番詠みたい句を避けて通っていてはいけないと気づかされた記事でした。

 
 

2018年9月16日 (日)

「愚陀仏庵ネット俳句会」は終了しました

 何度か投句して、その度に「入選」に選んでもらい、一度は「秀逸」にもしてもらった「愚陀仏庵インターネット俳句会」。選者との相性がいいのかな? と喜んでいたのに、八月末投句分で終了になりました。残念です。

 八月末に投句した句の中から、次の句が「入選」になりました。

    寅さんもバカボンパパも腹巻す

 「まつやま俳句ポスト」のほうは、その後、投句していません。気候も少しは良くなって来たし、また句作に励まなくては。

九月の句会はふるいませんでした

 去年から受講している初心者向け俳句講座。九月の第一週は句会でした。このところ調子づいていた私ですが、今回はまったくふるいませんでした。


 晩夏か初秋の季語で詠むことと、三句のうち一句は「蝉」関連の季語を使うこと。この二点があらかじめ決められていました。
 私は三句提出しましたが、先生の佳作五句と特選三句には一句も選ばれず。

    その朝も常と変はらぬ蝉しぐれ

 この句が受講生二人の佳作と一人の特選をもらいましたが、先生には選ばれなかったので、あまり喜べません。
 ほかに、

    お揃ひの法被(はっぴ)祭太鼓の子

 ぎりぎりまで推敲して仕上げた句なのですが、先生に「中七が六音しかありませんね」と指摘されて呆然。ちっとも気づいていませんでした。「法被や」とすればよかった、とのことでした。

 残る一句の

    よく耐えたねと草花に水をまく

 は、季語が晩夏限定ではなかったからか、発想が平凡だったのか、完ボツでした。

 藤田湘子の『20週俳句入門』を読み直しています。初めて読んだ時より、理解できるところが増えました。やっぱり初心者は「二物衝撃」の句を詠んだほうがいいのかな。でも、これはこれで難しいのです。

 不思議と、ほとんど落ち込まなかったのは、義太夫発表会で私なりに力を出し切ったという達成感、満足感の余韻が残っていたからでした。


2018年8月17日 (金)

「まつやま俳句ポスト」で「人」に選ばれました

 まつやま俳句ポスト、前回の兼題「夏草」では「並選」にやっと入れていただきました。6月28日締め切りの兼題「踊」で、今度は「人」に選んでいただきました。

   輪に一人キレ良き踊太り肉(ふとりじし)    桂

 今回の投句者は1274名、合計6199句。「人」に選ばれている句は483ありました。

 季語の「踊」は盆踊りのことで、亡くなった人を思い出し悼む、盆踊り本来の意味合いが込められているようです。わたしの句にはそういうニュアンスはまったくありませんが。
 盆踊りって、子どもの頃の遠い思い出です。最近は近くの小学校で開かれている盆踊りの参加者が増えて来ているのだとか。今年は今日と明日が開催日。今夜、行ってみようかな。

 「夏草」「踊」と投句して来ましたが、その次の兼題は「稗(ひえ)」。作ったことも作っているのを見たこともなく、一度や二度は食べたことがあるはずですが味をよく覚えていないし、形状すらはっきり知りません。なので、作れませんでした。

 その次の兼題は「無月」。中秋の名月の夜、雲が覆って月が見えない状態を指すんだそうです。
 こんな言葉があることも知らなかった! なんとか一句でも詠めないものかと、苦戦中です。



2018年8月 6日 (月)

今になって気づいた「三段切れ」

 まつやま俳句ポストで「並選」に入れていただいた句


    雨戸繰る老母不在や夏の草


 これって「三段切れ」やん! 今頃になって気づきました。

 例えば拙句

    芍薬や玻璃の器の大吟醸

 の場合、上五は切れ字「や」で切れていますが、中七から下五へはつながっています。そのおかげで読んだときの心地よさが生まれていると思います。

 ところが「雨戸」の句は、雨戸を繰っているのは老母ではないので、「雨戸繰る」でいったん切れています。「老母不在や」は切れ字「や」で切れています。そして下五は当然切れますから、三ヵ所でぶつぶつと言葉が中断してしまい、調べが整っていないのです。
 これを「三段切れ」と言い、初心者がやってしまいがちなミスの一つです。

    雨戸繰る老母不在の夏の草

 とすればよかったのです。
 今ごろ気づくなんて! この句をよく「並選」に入れてくださったものです。
 まだまだ基本ができていないのでした。

2018年8月 5日 (日)

「まつやま俳句ポスト」で入選

 夏井いつきさんが主宰なさっているネット句会「まつやま俳句ポスト」にも初めて投句してみました。こちらは兼題が決まっているので、初心者には敷居が高かったのです。
 でも、6月の兼題が「夏草」で、これなら詠めそうだと思い、何句か作って初投稿してみました。

 先日、その発表を見ましたら、数多い「並選」の中にやっと私の句を見つけることができました。

    雨戸繰る老母不在や夏の草     桂

 なーんだ、並選かあと、がっかりしたのですが…。

 今回、1355人が合計7159句を投句したのですって。この数字は史上最大だそうです。
 この中から、天1句、地9句、人約600句(あまりに多すぎて、数えているうちによくわからなくなってしまいました)、そして並選が約600句選ばれています。

 計算してみると、並選に選ばれる確率はわずか0.09%です。そう考えると、喜んでいいみたいです。
 でも、並選リストに載っている句を読むと、どれも私にはみるからに初心者の句に思えました。ということは、私の句もそのレベルだということですよね。

 「夏草」に続いて、「踊」という兼題にも投句しました。結果は我ながらあまり期待できない気がしています。

 「天」に選ばれる確率は0.0001%、「地」は0.001%。ぜひその中に入ってみたいです。
 と、大きなことを言いながら、私なりの俳句のスタイルと言ったようなものが、いまだにさっぱりわかりません。どんな句がいいのかも、あんまりよくわからない状態が続いています。

 夏井いつきさんは自分ですべての句に目を通して、選考なさるんですって。大変な作業ですよね。ブログを拝見すると咳がなかなか治らず困っておられるようです。
 この方のおかげで俳句愛好者の裾野は一挙に広がったと思います。ぜひともお体を大事になさって、活躍を続けていただきたいです。





愚陀仏庵ネット俳句会で初めての「秀逸」

 これまで2度投句して2度とも入選70句の中に選んでいただいた「愚陀仏庵インターネット俳句会」、6月投句分の結果が8月1日に発表されました。3度目の投句で初めて「秀逸」に選んでいただきました。うれしい!!!


    Iの字もJの字もあり胡瓜生る

 読みにくいかもしれませんが、最初のアルファベットはアイです。「生る」は「なる」と読みます。
 このネット句会では毎月特選10句、秀逸20句、入選70句が選ばれます。兼題は自由です。なので、初心者には投句しやすいです。

 それにしても、「秀逸」のリストの中に上の句を見つけたときは驚きました。うれしい反面、正直言って「えーー、こんな句でいいの?」と思ってしまいました。
 今年初めて庭に胡瓜の苗を植え、実がなった時の新鮮な驚きや喜びが入っているのは確かですけれども。
 どんな句が評価され、どんな句が評価されないのか、ちっともわかりません。

 なーんて、「秀逸」に選んでいただいたのに不平を言っているようで図々しいですよね。ここは素直に喜んでおきましょう。そして次回は是非とも「特選」を目指したいです。

2018年6月21日 (木)

ばら園と透析

 6月の句会前、自分の詠んだ句のうち(数だけはたくさんありました)、どれが良いのかがわからず、「誰かに添削してもらえたらなあ」としきりに思いました。添削された句はもはや私の作品とは言えないので、投句出来ないのですけどね。
 しばらく添削を受けたら、推敲のポイントがわかるかも…という考えから、NHK学園の通信講座に興味を持ちました。

 資料を取り寄せると、「俳句おためし添削提出はがき」というのが同封されていました。講座の申し込みをしなくても、とりあえず1句は添削してもらえるらしいのです。
 書いたのは

     ばら園の児(こ)らのさざめき透析す

 という句でした。
 発送した後で、「唐突に透析す、なんて出てきて、意味がわかりませんという添削が返ってくるかなあ」と思っていました。

 実はこの句、さらに手入れをして

     ばら園の風通る部屋透析す

 として、6月の句会に出そうと、直前まで思っていたのです。
 
 5月に伊丹市のバラ公園に行ったときに見た実景が材料です。小学生3クラス分くらいの団体がやってきて(聞いてみると1年生でした)、しばらく広場にじっとしていた後、思い思いに遊び始めました。走り回っている子たちもいます。

 狭いバラ園だと、バラの棘が刺さったりしないか気になりますし、騒々しいのも迷惑です。でもこのバラ公園は広大なので、楽しそうな雰囲気が盛り上がっただけでした。

 ふと見ると、バラ公園に面した道路に4階建くらいのビルがあり、高い位置の壁に大きな文字で「人工透析」と書いてあります。そのすぐ横の窓のある部屋で今も人工透析を受けている人がいるのかなあ、と想像しました。
 こうして詠んだ一句だったのです。

 句会に出す間際になって、自分勝手にひとのことを想像して、ひとり合点な感傷に浸っているだけなんじゃないか? という疑念が湧いてきて、結局この句は出さずじまいでした。

 今日、おためし添削の返事が返ってきました。講評というか、講師の方の読み解きが記され、「児」は乳児や幼児など小さい子をさすことが多いので、「子」で良いのでは? とのこと。添削後は

     ばら園の子らのさざめき透析す

 と、「児」を「子」に変えただけ。「さざめき」の横には小さな赤マルが付いていました。
 その上、私自身が透析を受けているのかなと想像されたようで、丁寧なお見舞いの言葉まで書かれていました。なんだか申し訳ないような気持ちになりました。

 ばら園の子らのさざめき から 透析す へ飛ぶのはアリなんだ!
 一つ、わかったような気がします。
 講師の先生、ありがとうございます!

 (通信講座を受けるかどうかはまだ思案中です。)
 (前の句会で講師の先生の句が1句も選ばれなかったことを「好不調」と書きましたが、受講生の鑑賞力不足かもしれません。先生、失礼なことを書いてごめんなさい。)
 

2018年6月17日 (日)

西村和子さんの句

 発売中の季刊雑誌「俳句あるふぁ」に「自選200句で読む 西村和子の俳句世界」という特集記事が掲載されています。読んでみると、琴線に触れるというのでしょうか、「あ、いいな!」と思う句がいくつも見つかりました。


    シクラメンうたふごとくに並びをり

    手袋をかつきりはめて旅はじまる

    囀(さえずり)に色あらば今瑠璃色に

    道混んでゐてバス空いてゐて師走

    人去れば枯木囁くかも知れず

    しやぼん玉兄弟髪の色違う

    ごきぶりを見しより疑心兆したる

    桐の花らしき高さに咲きにけり

    あめんぼの輪より雨の輪増えて来し

    子に遅れ歩む楽しさ夏帽子

    明易(やす)や愛憎いづれ罪深き

    大枯木話を聞いてくれさうな

    虫籠に虫ゐる軽さゐぬ軽さ

    紙風船息吹き入れてかへしやる

    どんぐりごま狂はぬもののつまらなさ

    継ぐといふことを尊び初蹴鞠

    二十一世紀の闇へ卒業す

    朽ち橋を渡れと呼ばふ螢かな

    風狂に瘋癲に夏心地よき

    鉾の辻回し祈りを力とし

    ふたり四人そしてひとりの葱刻む

    目に残るとは消ゆること春の雪

    言の葉の非力なれども花便り

    その窓は風を聴く窓緑さす

    生き残るとてもつかの間さくら咲く

    露草や嬰児(ややこ)ながらに目の力

    淋しさを飼ひ慣らせしや邯鄲も

    丸太町下ル小店の蕪蒸

    柚子ひとつ渡す言葉を託すごと

    少年のなぜは我が何故秋深し

    趣味道楽極道を経て翁の忌

    

    

2018年6月16日 (土)

愚陀仏庵ネット俳句会で2度目の入選

 2月に投稿した俳句が入選して大喜びした愚陀仏庵インターネット俳句会、4月に投稿したものも入選しました。3月は投稿しませんでした。

    こんな日は執事が欲しい花疲れ

 やった! 選者さん、選んでくださってありがとう!
 実を言うと、こんな句、作ったっけ? と、すでに記憶が朧です。
 「執事」はテレビドラマの影響。
 見ていた人はわかりますよね?

その他のカテゴリー